Skip to main content
ニュース
<速報>全英切符は誰の手に!? 最終組の今平周吾、木下稜介、S・ノリスは全員パー発進
最終日、最終組がスタートした(撮影:上山敬太)

<~全英への道~ミズノオープン 最終日◇26日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7461ヤード・パー72>

国内男子ツアーの最終ラウンドが進行している。今平周吾、木下稜介、ショーン・ノリス(南アフリカ)の最終組が午前9時40分に1番パー4からティオフ。3人ともにパー発進となった。


トータル11アンダー・首位タイに今平と木下。1打差3位にノリス、3打差4位タイには桂川有人、幡地隆寛、池村寛世ら6人が続いている。

昨年覇者でホストプロの平田憲聖は出だしから2連続バーディを奪うも3番でボギー。トータル5アンダー・14位タイ、同じくホストプロの杉浦悠太はスタートから2連続ボギーとスコアを落としており、トータル4アンダー・20位タイでプレーしている。

インからスタートしている今季初戦の池田勇太は、13番を終えてスコアを2つ伸ばし、トータル2アンダー・34位タイ。午前9時00分に10番からスタートした石川遼は、トータルイーブンパー・42位タイから上位浮上を図る。

ロイヤルトゥルーンGC(スコットランド)の舞台で戦う3選手が決まる最終日。最後まで目が離せない。


<ゴルフ情報ALBA Net>