Skip to main content
ニュース
今平周吾、木下稜介が首位で最終日へ 幡地隆寛は3差5位
首位タイで最終日に臨む今平周吾(撮影:上山敬太)

<~全英への道~ミズノオープン 3日目◇25日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7461ヤード・パー72>

国内男子ツアーの第3ラウンドが終了した。今平周吾と木下稜介がトータル11アンダー・首位タイで最終日に駒を進めた。


トータル10アンダー・3位にショーン・ノリス(南アフリカ)。トータル9アンダー・4位に池村寛世、トータル8アンダー・5位タイには2週連続優勝を狙う幡地隆寛、桂川有人、堀川未来夢ら5人が続いた。

連覇を狙う平田憲聖はトータル4アンダー・17位タイ。今季初戦の池田勇太は「78」を叩き、トータルイーブンパー・43位タイに後退した。

石川遼は1つ落とし、トータル1オーバー・50位タイでムービングデーを終えた。

今大会の上位3人には、7月に行われる「全英オープン」の出場権が与えられる。


<ゴルフ情報ALBA Net>