Skip to main content
ニュース
仲良しトリオが揃って褒め合い 堀川未来夢は早速動画配信「今のタイミングで絶対検索が増える」
堀川未来夢が首位で決勝ラウンドに進む(撮影:上山敬太)

<~全英への道~ミズノオープン 2日目◇24日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7461ヤード・パー72>

堀川未来夢、木下稜介、阿久津未来也、仲良しトリオが予選ラウンドを面白くしてくれた。2日目を終えて、トータル9アンダー・首位タイに堀川、木下が並び2打差の3位タイに阿久津が続く展開となっている。


堀川のYouTubeチャンネル「堀川未来夢チャンネル」より3人の仲の良さは周知のとおり。初日は堀川、阿久津が8アンダーで首位タイに躍り出ると、2日目は負けじと木下が「ジェラシーありましたね。二人がいてくれたんで、本当に頑張ろうと思った」と「66」をマーク。「73」とスコア落とし一歩後退した阿久津に入れ替わる形で、首位タイに浮上して見せた。

それに対して阿久津は「このアゲインストのなかで6アンダー。もう脱帽です。一緒の組にはなれそうにないです…」と仲良しトリオでのグルーピングが叶わなかったことを悔やんだ。ただ、ここで終わってはいられない。「いつも一緒に練習している先輩が上位にいて、メジャーも取ってる2人なので、自分よりレベルが上なのはもちろん分かっている。いつまでもそこに勝てないっていうのは話にならないんで、今できることをぶつけていきたい」と先輩に喰らいついていくつもりだ。

そして、首位の座をキープする堀川は、阿久津との初日1位を早速動画で配信。「今のタイミングで絶対に検索が増えると思って、(試合が)終わってから即効で編集してもらって昨日の夜のうちにあげてくれた」とYouTuberとしても抜かりない。そして2日目の木下のプレーに対して「6アンダーはすごいですよね。午前中準備している間に木下さんが6アンダーで来ていたんですごいなって感じですね」と感服していた。

2日目を終えて「一緒の組にはならなかったですね」と口を揃えた3人。できれば同組で優勝争いというシナリオを描いていたようだがそれは最終日に取っておきたい。(文・齊藤啓介)


<ゴルフ情報ALBA Net>