Skip to main content
ニュース
石川遼は片岡尚之ら、前週Vの幡地隆寛は杉浦悠太らと同組 上位3人が全英オープン出場権を獲得
今季初優勝を目指す石川遼(撮影:鈴木祥)

<~全英への道~ミズノオープン 事前情報◇21日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7461ヤード・パー72>

有資格者を除く上位3名に7月に行われる海外メジャー「全英オープン」(スコットランド、ロイヤルトゥルーンGC)の出場権が与えられる「~全英への道~ミズノオープン」が23日から岡山県で開催される。開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。


注目は、20日におこなわれた「全米オープン」最終予選(日本会場)でトップ通過を果たし、2年連続の全米オープン出場を決めた石川遼。予選ラウンドは片岡尚之、アンソニー・クウェイル(オーストラリア)との組み合わせで、初日は午前8時00分に10番からスタートする。

前週の「関西オープン」でツアー初優勝を果たした幡地隆寛は、ホストプロの杉浦悠太、LIVゴルフに参戦している香妻陣一朗と同組。初日は午後0時5分に1番からティオフする。

ディフェンディングチャンピオンでホストプロの平田憲聖は、「中日クラウンズ」で初優勝を挙げた米澤蓮、蝉川泰果とグルーピング。昨季に賞金シードを失い今季初出場となる池田勇太は、ジャスティン・デロスサントス(フィリピン)、前田光史朗と予選ラウンドを戦う。


<ゴルフ情報ALBA Net>