Skip to main content
ニュース
橋本美月が2打差2位キープ 日本勢6人は全員が決勝ラウンドへ【アジア女子アマ】
東北福祉大1年の橋本美月が2位Tで決勝ラウンドへ|(撮影:ALBA)
<アジアパシフィック女子アマチュア選手権 2日目◇11日◇アブダビゴルフクラブ(アラブ首長国連邦)◇6499ヤード・パー72>

アジア太平洋地域の最強女子アマチュアを決める大会は2日目のプレーが終了。6人が出場している日本勢のなかで、橋本美月(東北福祉大1年)が連日の「68」をマークし、トータル8アンダーで首位と2打差の2位タイで予選を突破した。


10番スタートの橋本は前半を1バーディとすると、後半のアウトコースでは3バーディ。ボギーなしのラウンドで好位置をキープ。上位争いの中で残り36ホールへと向かう。

稲垣那奈子(早稲田大3年)は2つ伸ばしトータル4アンダーの14位タイ。手塚彩馨(佐久長聖高1年)が1つ落としトータル1アンダーの26位タイ。長野未祈(米国セミノール大3年)はトータルトータルイーブンパーの32位タイ。木内真衣(東北福祉大3年)、上田澪空(共立女子第二高1年)はトータル1オーバー・37位タイとなっている。

優勝者には来年の「AIG女子オープン」と「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」の出場権が与えられる今大会。残り2日も熱戦が展開される。