Skip to main content
ニュース
「優勝するしかないと決めていた」 星野陸也が全英出場権、4年シードを獲得
星野陸也、今季3勝目とともに全英行きのチケットも獲得|(撮影:上山敬太)

<アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇16日◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298ヤード・パー72>

今週は、どうしても勝たなければいけない理由がいくつもあった。学生時代から球を操る技術は群を抜いていたが、それ以上に、今週は誰よりも強い「勝ち」へのこだわりが通算5勝目を引き寄せた。

星野陸也は最終日を単独首位で迎えた。風と雨に見舞われる中で、後続との2打差は無いに等しい。耐える展開を覚悟していたが、2ホール目で最初のバーディがやってくる。強いアゲンストの中、パーオン率37.140%と難易度の高いパー3。3番アイアンで打ったティショットを3メートル弱につけてバーディ。「相当難しい状況だったけど、2番のバーディが大きかった」と前半で3つ伸ばし、2位とは大差をつけていた。

後半に入ると、11番からまさかの2連続ボギー。一瞬不安が頭によぎるが、「チャンスはあるぞと言い聞かせた。2位との差があっても、攻めるゴルフで勝負したい」と、13番パー4(345ヤード)でワンオンを狙う。手前のラフに外したが、「強い気持ちでバーディが獲れたのが良かった」とガッツポーズで奮い立たせ、2連続バーディでトゥデイ3アンダーに引き戻した。ウィニングパットを沈めると、「決めた瞬間、力が抜けていった。もう、本当にやりきりました」と、この優勝で手にしたいくつもの成果を噛みしめた。

この優勝で、海外メジャー「全英オープン」の出場権を獲得。さらにシーズン3勝に到達し、2022年からの4年シードも手に入れた。「複数年シードで米国へ」と、米ツアー参戦はアマチュア時代からの目標。海外ツアーへのスポット参戦から、世界ランクを上げて米ツアーへ進む道も開けた。海外メジャー4試合への出場も、もちろん狙っていた。

今週頭には、世界ランク100位以内の資格で「全米プロ」への出場を確定。「全米オープン」へは出場枠をかけて予選会に出場する予定だが、世界ランク70位以内の資格での参戦も見えてきた。残る1試合は、最大の目標である「マスターズ」。

「とくにマスターズは一番行きたい。まずは世界ランク50位以内を目指します。世界ランクも上がってきて、PGAツアーに出るチャンスも増えました。世界に挑戦していきたい」。描いた道筋を順調に歩んでいる25歳。「今週は優勝するしかないと決めていた」と、目標に突き進む意志は、なによりも強い武器になる。(文・谷口愛純)

*/ ?>